腰・肩・首・ヒザの痛みや睡眠の悩みの根本解決を目指します

薄毛(ハゲ)の研究 最終章

2022年9月15日
マークセラピー研究所

〇演題
”薄毛や脱毛症などに繋がる毛髪脱漏が発生する原因の研究”
~いわゆる禿げる現象の要因を物理的に演繹する~
~~~~~~~~~~~~~~~~
〇HO克服に向けての対策案
1: 物理的毛髪脱漏要因説を踏まえた具現化。
2: S-sleepの日常就寝時冷却式活用と頭頸部太極レオロジー整復法による頭蓋膨張抑制と除熱促進(図参照)。
3: メチルサルフォニルメタン摂取による毛髪主成分のケラチン生成補助。

最後に
本研究は、一人称の演繹論文であり、現時点での非立証性は周知である。したがって本概念が完全に「無」と否定されるまで、明記した対策案を執筆者自身が継続し、HO状態からの克服が評価されることで信憑性を導く他ならない。今後、仮に一例でも本物理的対応を主とする方法により、艶に由来する頭部からの反射光を途絶えさせられたとするならば、後世には、その結果に反して期待に夢膨らませ誕生する光り輝く人々の笑顔の存在を心に秘め、毛髪脱漏の研究を継続する所存である。

■対策案(その2)は、S-sleepスタンダードタイプとS-sleepパーフェクションタイプ(*過去に限定販売した絶版品で現在製造中止となっているタイプ)による対策案であります。

* HO(エイチオー)とは、毛髪脱漏(Hair omissionsの略

・・・おわり。

閲覧いただきました皆様へ
この本文の内容は、当研究所が独自に思考し、また商品開発を具現化する為に
まとめた研究であります。
現在、具体的な試作品を作成後に検討の余地がありった為、研究が滞っておりますが、開発は継続しております。

いつの日か具体的な対策案1として
具現化した商品を皆様にご紹介できるように、企業努力して参ります。

今後とも応援の程、宜しくお願い申し上げます。

本当に長い間、
薄毛(ハゲ)の研究に、お付き合いを頂戴しまして誠にありがとうございました。

この場をお借りいたしまして、深くお礼を申し上げます。
誠に、ありがとうございました。
 

 この記事を書いている人
takahashi@manazashi.jp